☆競馬基礎講座☆

ミヤザキ@ワイド馬券術

競馬基礎講座1「馬券の種類と平均配当」

今日は、第1回ということで「馬券の種類」について

JRAが発売している馬券の種類はだんだん増えてきて、
現在
8種類の馬券を発売しています。

基本的には、当たりやすい馬券ほど配当が低く、
当たりにくい馬券ほど配当が高くなります。

まずは、馬券の種類と的中した時の
実際の配当はどのくらいなのか?
確率と実際の払い戻しを比較してみよう。

馬券は100円単位で購入した場合の、
的中した金額を的中した回数で割ったものだ。

2009年1年間のデータから平均配当を見てみる。

《 
2009年平均配当 》

  ・複勝−369円

  ・単勝−1,024円

  ・ワイド−1,944円

  ・枠連−2,010円

  ・馬連−5,795円

  ・馬単−12,023円

  ・3連複−24,010円

  ・3連単−152,228円

配当の小さいものから順並べているが、
低配当のイメージが強いワイドでもそこそこの平均配当だ。

次に続きます。 ⇒競馬基礎講座1「馬券の種類」へ



Top

(C)イージックミヤザキ