メインイメージ









秋のG1戦線を楽しみながら
ワイド3点以内で馬券を的中させる方法を
知りたくはありませんか?



昨年の秋のG1ジャパンカップも3点的中

G1馬トーセンジョーダンを相手に取り上げて
 ワイド 5−7 2,890円的中


G1レースで穴を出す馬の傾向は決まっています。

G1レースともなると、通常より多くの人が馬券を購入するので、
競争馬の人気が割れることが多く、
上位人気馬どうしの決着でも、結構美味しい配当になることが多い。

自分は馬券を購入する上で、
G1だからと、特別に大金をつぎ込むようなことはしないが、
やはり、強い馬、騎手がしのぎを削るレースはワクワクする。

もちろん、G1はお祭り騒ぎで、馬券を買った馬、
あるいは騎手を応援して楽しむだけでもいいという人もいるだろう。

ただ、大多数の人は、できれば多少なりとも収支がプラスになり、
自分が選んで購入した馬が勝ってくれたり、馬券が的中してくれれば
喜びは倍増するだろう。

ワイド馬券は低配当でつまらない?


ワイド馬券というと地味なイメージを持ち、
華やかなG1レースや穴馬券と結びつかない人が多いと思う。

3連複や3連単と言った高配当が出やすい馬券と比べると、
ワイド=配当が低いというイメージがあるだろう。

しかし、ワイドでも、きっちり狙えば穴馬券も取れるし、
G1レースにおいても、3点以内で狙って馬券が取れるというのが、
ワイド馬券の魅力でもある。

実際、3連複や3連単で馬券を購入している方はわかると思うが、
2頭の軸のうち1頭が外れて馬券を外すというケースが非常に多いのだ。

しかし、BOXなどにしてしまうと、購入点数が多くなってしまい
3連複の場合は、トリガミの危険性も出てくるのである。

その点ワイドは、軸は1頭でいいので絞りやすいし、
3点以内で購入するので、オッズもコントロールしやすいのだ。

つまり、同じ馬券でも、自分で狙って取った感覚が強い馬券種なのだ。

G1をワイドで的中させるロジック

ワイド馬券のキモは「軸馬を的中させること」であり、
G1レースの軸馬を決めるのは、実は割と簡単である。

したがってそれだけでは、マニュアルは簡単すぎて成立しない。

このマニュアル内でも、人気の軸馬を見極める方法を述べているが、
1つのG1レースにつき、1ページで事足りる内容である。

難しいのは、G1レースで、3着以内に一頭は入ってくる可能性の高い
穴馬をどうやって見つけていくかという事である。

穴馬抽出の方法論については、G1レースでは避けて通れないもので、
人気馬の中から軸馬を見つけるロジックよりかなり難しい。

しかし、過去のレースをよく分析してみれば、
割と傾向ははっきりしてくるものだ。

穴馬には、G1で激走するための理由が隠されているのだ。

そこで当マニュアルでは各G1レース別に、
具体的にそのレースの狙い方について解説している。

収録レースと内容

2014年秋のG1スケジュール

・スプリンターズステークス(中山競馬場)
・秋華賞(京都競馬場)
・菊花賞(京都競馬場)
・天皇賞秋(東京競馬場)
・エリザベス女王杯(京都競馬場)
・マイルチャンピオンシップ(京都競馬場)
・ジャパンカップ(東京競馬場)
・チャンピオンズカップダート(中京競馬場)
・阪神ジュベナイルフィーリーズ(阪神競馬場)
・朝日杯フューチャリティステークス(阪神競馬場)
・有馬記念(中山競馬場)

これらについて、ローテーション、枠順、騎手、オッズなどから穴馬をあぶりだす方法と、
G1レースで選ぶべき軸馬についてまとめています。

※基準として
5番人気以下で、単勝オッズ10倍台以上」を
穴馬(人気薄馬)と定義している。


詳しい内容については実際の例が参考になると思う。

下記は、昨年、今年の春のG1勝負レースの安田記念の例である。


ワイド 10−11 1,070円的中


このマニュアルは、シンプルな軸決めと、
穴馬を確実に捕まえる分析力がポイントである。

例えば、菊花賞の軸馬は、下記の条件のいずれかに当てはまる馬になる。

★菊花賞の軸馬
菊花賞では、次のタイプの馬がいれば軸馬となる。
軸馬となる馬が複数いれば堅いレース、1頭もいない場合は穴馬同士の決着となることが多い

1.ダービー3着以内かつ神戸新聞杯勝ち
2.3連勝以上して、神戸新聞杯3着以内の馬
3.2400m以上のオープン勝ちかつセントライト記念連対

今年は、軸馬候補は1頭しかいません。

競馬初心者に分かりやすく解説

今回のマニュアルでは、G1レースで狙う穴馬について、
各レース毎に狙い馬の絞り方をまとめています。
(多少専門的な表記となった部分もあるかもしれません)

G1レースというのは、世間の注目度も高く、
競馬に興味をお持ちの方が
競馬を始めるきっかけになることも多いと思います。

何事もそうですが、
最初に誰から学ぶのかというのは、非常に重要です。

G1レースを通して、競馬について学び、さらに資金も増やしたい。

そのような内容になるように、マニュアルと特典を工夫しています。

購入特典として秋のG1レース当日9時頃に、
上記のような予想をメールで配信いたします。


※メールはご購入時に登録いただいたアドレスへの配信となります。

※また、競馬はレースの流れや、当日の天気、馬場状態にも影響されます。
競走馬の体調や仕上がり状態、騎手や厩舎陣営の思惑などいろいろな要素も
レース結果に反映されます。
あくまで予想であり、必ず的中するというものではありません。


初心者の方でも、今年の有馬記念の頃には馬券上手になっている。

そのようなコンセプトをもとに、マニュアルをまとめました。

このマニュアルと特典は、
競馬を楽しみながら、
G1レースで勝利する方法が詰まっています。


ワイド馬券でG1も完全攻略

宮崎式 秋のG1レースの軸馬を簡単に絞り込み、
穴馬を効率的に探し当てワイド3点で的中する方法

A4:ダウンロード版  27ページ
A4:配送版  27ページ  送料500円別途必要となります。

特別価格:¥1,980円

お申し込みはこちらから

※「本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保障したものではありません。」
ご理解の上ご購入ください。
※決済はパソコンからになります。
(申し訳ありません携帯からの決済には対応しておりません)

クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ビットキャッシュでお支払いいただけます。

このマニュアルには、購入特典が付いており、特典と併用することで
秋のG1シーズンをより楽しむことができるようになっています


【特典】G1レースのワイド買い目と、穴馬抽出方法を公開いたします


ご購入いただいた方に、
秋のG1シーズンのワイド馬券の買い目と、

このマニュアルから抽出される穴馬について予想を公開し、
抽出の手順についても解説させていただきます。

購入特典情報につきましては、
ご購入時に登録いただいたアドレスに、

G1レース当日の、9時頃に配信いたします。


よくある質問にお答えいたします。

Q.

競馬初心者でも理解できる内容ですか?

A.

マニュアルの内容については、分かりやすくを心がけましたが、
初心者の方に多少難しい内容、表記が含まれているかもしれません。
(特に競馬を始めたばかりの方です)

個人差があると思いますのでメールでサポートいたします。
分からないところがありましたら、なんなりとご質問ください。
※サポート期間は秋のG1終了の2014年12月28日まで回数無制限となります。

Q.

この馬券術は、追い上げですか?

A.

いえ、均等買いでも利益を出せる馬券術です。
もちろん、資金が豊富な方がうまく投資すれば、
追い上げることによって大きな利益を上げることも可能でしょう。

Q.

この馬券術は、G1レース以外や地方競馬などにも使えますか?

A.

いいえ。競馬の考え方としては使えますが、
あくまで秋のG1レースに特化したマニュアルですので、
他のレースや地方競馬で使うことはできません。

もし、他のレースでの馬券購入法についてお知りになりたい場合は、
宮崎式の他の教材のご購入もご検討ください。

Q.

来年の秋のG1レースにも使えますか?

A.

残念ながら、軸馬選定については、80%ぐらいの割合で使えますが、
穴馬選定については、G1レース毎に傾向が違いますので、
そのまま使用することはできません。

また来年の秋に2015年版分を販売する予定ですので、
その際にご購入いただければ幸いです。

Q.

ワイド以外にも応用できますか?

A.

メインの内容ががG1の穴馬を抽出する方法で、他に軸馬抽出法もついているので、
他の馬券種にも応用可能と思われます。

ただし、他の馬券種での利益について保障するものではございません。

Q.

絶対に勝てますか?

A.

正直、競馬(ギャンブル)に絶対はありません。

特に短いスパンでは、連敗したりすることもあります。

また、穴馬についても毎回活躍するというわけではありませんので、
確率をより高める方法論と理解していただけるとありがたいです。

このマニュアルはワイド馬券の入り口にすぎません。

ワイド馬券というのは、一般的に人気は低く、
3連単などのような派手さはありません。

G1レースというのは「3連単で百万馬券的中!」とかいう方が、
話題性という意味ではいいに決まっている。

ただ、自分はワイド馬券で堅実に実績を重ねてきたし、
その中で、いかに楽しみながら競馬の奥深さを知ってもらえるか
というようなことを考えながらまとめています。

このマニュアルを入り口として、
G1以外のレースでもワイド馬券を購入する機会が
増えればいいという気持ちもあります。

正直、ギャンブルを個人がどのように楽しもうと自由です。

ただ、選択肢の一つとしてワイド馬券があってもいいと思う。

ワイド馬券は、
普通の人がコンスタントに馬券を的中させながら、

しかもトータルでプラスにしようとする時に、
堅実な馬券であると確信しています。

何故なら、
人間は何レースか外し続けると、

フォームが崩れて買い目が多くなったり、

一発逆転を狙って大穴馬券を狙ってしまいがちです。


適度に的中していれば、
自分のフォームを大きく崩す事はなく、

全体を見ながら冷静な試合運びができるのです。

1日の競馬は、野球の試合と同じです。

相手に大量得点を取られ、自分のチーム得点できないと、
焦りが出ていつものような試合運びができなくなります。

失点を少なく押さえ、確実に得点していくことで、
決して試合を壊すことのない、堅実な試合運びが可能になるのです。

そのような方法はつまらない!

そう言ってしまえばそれでおしまいです。

強制をするつもりはもちろんありません。

他の馬券術もいろいろ試してみて、
それでも気になったらまたお立ち寄りください。

お申し込みはこちらから

追伸

競馬の楽しみ方は人それぞれです。
それぞれが、独自の方法で競馬を楽しむ。
それが本当のあるべき姿なのかもしれません。

ただ、このような方法論もある。
という事を皆さんにお伝えしたい。

今回はご縁がなくても、
いつの日かあなたに何らかの形で出会える日が来るかもしれません。

そんな出会いを楽しみにしております。

                                                  宮崎賢治