軸馬的中率80%の馬券術

ワイド3点以内で的中率54%の実績
研究に研究を重ねた末に生み出された
究極のシンプル馬券術。
1日のうち2〜3Rを狙いうち、たった5分の検討で買い目を出せ、堅実に元手を増やす馬券購入法をお教えします。

すいませんが、この馬券術は大穴を取りたいという方には向きませんので、
ページを閉じて他の馬券術をお探しください。

こんにちは 宮崎です。
最近は、競馬を投資という観点で見る感覚が強くなりました。

何年間も馬券の研究をしても、回収率はどんなに良くても120〜130%。
普通の年は110%程度です。

となると確実に増やすためには、
同じ120%でも的中率が高い方が断然優位だ。

資金の回収が速くなるし、いろいろな複利的な投資法も使いやすくなる。

ワイド馬券術で検索すると1ページ目に表示されるほど
ここ何年かで宮崎=ワイドというのが浸透してきました。

今までは主に9R以降のレースについて馬券術や会員制の予想をしていましたが、
最も的中率を高めやすいのは、実は未勝利戦であるという事がわかっています。

未勝利戦が勝負しやすい理由

未勝利戦は一般的に言えば注目度が低いレースである。

しかし、未勝利戦には未勝利戦のメリットがある。

そもそも俺がワイド馬券を買う大きな理由の一つが、
単勝や馬単、3連単などの馬券だと
1着があまり当たらないからだ。

特に条件クラスの馬は勝ちたくない馬もいるので、
どんな強い馬でも、なかなか頭で狙って取るというのは難しいのだ。

そこで、軸が3着以内に入ればいいというワイドを研究してきた経緯がある。

そもそも未勝利戦は勝ち上がらなければ未来がないので、
ほぼガチンコの勝負で、強い馬が勝ち上がりやすいし、力通り決着しやすい。

しかも、各馬の力の差が大きくそれほどすごい脚を使える馬は一部なので、
どの条件も逃げ・先行馬有利である。

勝負になる馬は割と限られているので、買い目が絞りやすいという面もある。

そういう意味で未勝利戦は、軸馬が最も絞りやすく、
確実に勝つには適した条件であり、確実に取るという意味でワイドに向いた条件でもある。

計算上それだけで銀行に預けているよりも資金が増える

昨年度、俺はPATで見ると、金額にして400万円ほどの馬券を購入していた。

それが多いように感じるか少なく感じるかは個人差があろうが、
一般人からすれば、ほぼ年収分を競馬につぎ込んでいるのだから、
狂っているとしか思えないだろう。

ただ、1日に均すと4万円ぐらいの金額だ。

これぐらいの金額だと競馬をやっていると普通に賭けている人もいるはずだ。
400万賭けて回収率が120%だと、均等買いだとすると80万円の利益となる。
それでも銀行の利子と比べれば、すごい配当だ。

さらに、これに複利の考え方を取り入れて資金運用すれば、
年間で資金の倍にする事はそれほど難しい事ではない。

投資の専門家に聞いても、的中率50%、
回収率100%のラインを超える条件が成立すれば、
確実に資金を増やす事ができると言っている。
そういう意味でも的中率で54%、回収率で120%を誇るこの馬券術は
優れた方法であると言える。

1・2番人気の取捨と軸馬の選定が確実にできれば、馬券で勝てる

ワイドだけでなく、競馬の重要なポイントは軸馬の選定です。
3着以内に確実に入る馬を見つければ、複勝、ワイド、3連複、3連単という多くの馬券種で、
的中率を上げる事が可能になります。

また、危ない人気馬を察知する事によって、
穴党の人は、穴狙いに専念する事も可能です。

上位人気馬が軸馬になるかどうかの取捨、
これが競馬の最も重要なポイントであると思っている。

しかし、それを数時間もかけてやるのは、普通の人には難しい作業だ。

そこで、あまり難しい手順をできるだけ省き、
削ぎ落して、軸馬を簡単に選定する方法を膨大な検証の末書いたのが、
このマニュアルである。

モニター様からも感謝の声が届いています。




実は、会員様は一部の商材購入者に未勝利予想を無料で配信いたしました。
その軸馬の取捨の精度に驚かれているようです。

以下は、2月26日のメールの配信内容です。




この日の競馬は荒れ模様と読んでいた。

朝8時30分頃のオッズと予想で行っているので、
1番人気でない馬もいるが、信頼できるとした3頭は2、2、3着でいずれも馬券圏内。

それほど信頼できないと評価した馬は、3、14、6、16着と
1頭がやっと3着に絡んだだけでした。

このように、信頼できる軸馬と危ない人気馬を見分ける事で、
馬券力は大幅にアップします。

しかも、それが5分程度の作業でできるとしたら、
それは大変優れていると言える。

ご自分で予想を組み立てたい方も、
1頭確実な軸馬がいれば、取れる戦術の幅は広がります。

ポリシーを崩してまでやる理由

宮崎式ワイド馬券術にはポリシーがある。

それは次の3つである。

◎5倍以下の馬券は買わない。
◎1Rでの馬券の購入は3点まで
◎人気馬を軸馬にする場合、信頼できない騎手が乗っていたら絶対買わない。

もちろん、細かい制約はあるが、
絶対に守らなければならないのはこの3つである。

今回1つめの5倍以下の馬券を買わないという
ポリシーを捨ててまで皆さんに伝えなければならないのは、
あまりにも切実なお客さんの声でした。

・他の予想会社に入会したけど全くあたりませんでした。
・的中率が低いと安心して馬券が買えません。
・なけなしのお金で馬券で増やそうと思ったけど全く当たりません。

G1シーズンという事もあり、競馬初心者などをターゲットに、
食い物にするインチキ予想会社と、それに加担するメルマガなどの発行者達。

とにかく馬券を安定的に的中させたい。

そのそうな叫びに押されて、一つのポリシーを捨てました。

3着以内率80%の馬を生かす相手馬選定法

いくら軸馬が安定していたとしても、相手馬が的中する確率が少なければ
馬券術としては成り立ちません。

ただ、その方法があまりに複雑であれば、
馬券術として現実的ではありません。

競馬にはいろいろなファクターがあるが、
あまりいろいろなファクターを取り入れ過ぎると、逆に非効率的な馬券術になってしまう。

今回は相手馬の選定には、最も効率的と思われる2つのファクターのみ採用しました。

その一つのファクターが騎手です。

騎手には該当コースが得意かという要素の他に、
厩舎や馬主の勝負度合いやその馬に対する期待度など、
自然に重要なファクターを内包しています。

すなわち騎手というファクター一つで、複雑な競馬の仕組みの大きな部分が占められている。
どんな強い馬でも騎手のまずい騎乗であえなく敗退するのは日常茶飯事なのだ。

相手馬の取捨を騎手ともう一つのファクターを使いシンプルに
効率的に行う方法をこのマニュアルには書いています。

特典で1番人気の取捨についてメール配信

このマニュアルでは軸馬の取捨を簡単に行えるように書いていますが、
それでも難しいという方や迷ってしまうという方のために、
1番人気になりそうな馬が軸となりえるかという情報を
購入時のアドレスに1か月間メールで配信させていただきます。

その間にご自分の軸馬選定法が間違っていないか
ご確認いただき、未勝利馬券術についての理解を深めていただきたいと思います。

2つの簡単ステップで答えが出せる

今回のマニュアルは、未勝利のワイド馬券を簡単な2つのステップで
買い目を出す事ができる。

しかも、その1つのステップに要する時間はわずか3分程度。
誰でも簡単に買い目が出せるのがポイントです。

いかに優れた馬券術でも、
買い目を出すのにあまりに複雑なものは、
長続きしません。

以前の馬券術でお客様から指摘され、その点には特に注意しています。

1.軸馬を選ぶ(1・2番人気のうち信頼できる馬がいれば選びます。)
2.相手馬を選ぶ(3ケタ人気の穴馬も3点以内で見分ける事も可能)

簡単な2つのシンプルなステップで、
買い目が出せるよう意識してマニュアルも作成しました。

この馬券術には、シンプルだけど
ワイドを制するための方法が詰まっています。

ワイド軸馬的中率80%、1か月間1番人気馬の評価配信付き

宮崎ワイド未勝利馬券術
〜驚異の軸馬選定率〜


A4:66ページ
PDF版

特別価格:¥3,980円

お申し込みはこちらから

クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済でお支払いいただけます。
クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。
クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。 


よくある質問にお答えいたします。

Q.

競馬初心者でも理解できる内容ですか?

A.

今回の方法は、それほど難しくはありません。
何回かマニュアルを読みなおせば理解できるでしょう。
中学生でも理解できるように簡略化して書きました。
また、メールサポートについても、1年間・回数無制限、無料で受け付けておりますので、
わからないところがありましたら、なんなりとご質問ください。

Q.

この馬券術は、追い上げですか?

A.

いえ、均等買いでも利益を出せる馬券術です。
複利で運用すれば破壊力を増すので、いろいろな購入法も考えられますが、
そこは個人の裁量で行ってもいいですが、個別に指導も行っております。

Q.

この馬券術は地方競馬にも使えますか?

A.

勉強すれば応用できる方法ですが、
そのまま地方競馬に使うのは難しいと思います。

Q.

1日に何レースぐらい対象レースがありますか?

A.

1日平均すると2R〜3Rぐらいとなります。
もちろん日によって対象レースのない日も考えられます。

Q.

ワイド以外にも応用できますか?

A.

一番応用が効きやすいのが、複勝でとにかく的中するのが
優先という方はそちらの方がいいかもしれません。
他にも3連単や3連複への応用も可能ですが、
ただ、あくまでお勧めはワイドになります。

Q.

絶対に勝てますか?

A.

正直、競馬(ギャンブル)に絶対はありません。
特に短いスパンでは、連敗したりすることも考えられます。

ただ、半年単位で見れば、負ける可能性は少ないものであると言えます。

今の時代、堅実ではいけませんか?

ワイド馬券というのは、一般的な人気は低く派手さはありません。

しかし、普通の人がコンスタントに馬券を的中させながら、
しかもトータルでプラスにしようとする時、堅実な方法であると確信しています。

何故なら、人間は何レースか外し続けると、
フォームが崩れて買い目が多くなったり、一発逆転を狙って大穴馬券を狙ってしまいがちです。

適度に的中していれば、自分のフォームを大きく崩す事はなく、
全体を見ながら冷静な試合運びができるのです。

1日の競馬は、野球の試合と同じです。

相手に大量得点を取られ、自分のチーム得点できないと、
焦りが出ていつものような試合運びができなくなります。

失点を少なく押さえ、確実に得点していくことで、
決して試合を壊すことのない、堅実な試合運びが可能になるのです。

そのような方法はつまらない!

そう言ってしまえばそれでおしまいです。

強制をするつもりはもちろんありません。
他の馬券術もいろいろ試してみて、それでも気になったらまたお立ち寄りください。

お申し込みはこちらから

追伸

競馬の楽しみ方は人それぞれです。
それぞれが、独自の方法で競馬を楽しむ。それが本当のあるべき姿なのかもしれません。

ただ、このような方法論もある。そういう事を皆さんにお伝えしたかっただけなのです。
今回はご縁がなくても、いつの日かあなたに何らかの形で出会える日が来るかもしれません。
そんな出会いを楽しみにしております。