ワイドのノウハウは今回で出しつくしました。
競馬初心者でも無理なく理解できて、
「堅実に資金を増やすワイド馬券の買い方」
そのすべてをここに公開いたします。

今回のこのマニュアル購入者に、
競馬場の未勝利戦の中から厳選された
ワイドの勝負馬券を1週間配信させていただきます。
今、この特典が受けられるのは王道購入者だけです。

宮崎賢治です。

昨年は、ワイド馬券のマニュアル販売と、予想会員さんにはお世話になりました。
ご愛顧に感謝いたしまして、今回ワイド馬券術の決定版とも言える
このマニュアルを公開する事にしました。


今回はこのホームページ上でもそのノウハウを一部公開いたします。

実は、競馬で勝つのは簡単な事ではありません。
ただし、そのためにしなければいけない事は単純な事です。
皆、情報過多でいろいろな事を取り込みすぎて、余計な事に時間を浪費しているのだ。

競馬の基本は、今回の条件で有利な馬、配当的に有利な馬券を購入する事です。

多くの競馬情報ではそのレースで
・一番強い馬はどの馬か、
・調子はいい馬はどの馬か
・今回勝負気配の高い馬はどの馬か
この3点を主に重視して発信しています。

それらの情報量は膨大で、ある程度正確なものと言える。

もちろんそれはそれで利用させてもらえばいい。

しかし、情報通りの馬券を買っていても皆と同じ結果しか得られません。

競馬は通常25%をJRAに持っていかれるので、
残りの75%を購入者で取り合うギャンブルです。

したがって皆と同じような馬券を購入していても、
回収率100%にもなかなか届きません。

つまり、力はやや劣ると思われる馬でも、
今回は条件的に向くと思われる馬は積極的に買っていかないと、
なかなか勝つ事はできません。

ただ、やみくもに狙っても的中率が低ければ、元も子もありません。

ワイド馬券は、そういう馬を3着で拾って
的中率を維持しながら、安定した回収率をマークするのに適した馬券です。

ではワイド馬券に適した狙い馬はどのような馬か?

それは、逃げ・先行馬です。

「なんだそんな事か、あたりまえじゃないか。」

そう当たり前です。

競馬では、「逃げ・先行」と「差し・追い込み」に分けて3着以内に入る確率を見ると
実に3倍もの開きがあります。

つまり、「逃げ・先行馬」が「差し・追い込み馬」より3着以内に入る確率は
3倍高いという事になります。

実際は追い込み馬には、レースの流れについていけない
弱い馬もいるでしょうから、そこまで極端ではないにしても、
それだけ先行している馬は競馬では有利だという事です。

もちろんそんな事はほとんどの方が知っています。

しかし、競馬のオッズを見てみると、それは知っているだけと言わざるを得ません。

実際は強烈な差し脚を武器にする馬の方が人気があり、
だいたい、馬の実力通りに馬券は売れています。

その、実際の確率と、売れる馬券のギャップ
これをうまく利用した理論が宮崎式ワイド馬券術の考え方です。

逃げ・先行馬を軸とするという確たるベースを持ちながら、
それをいかに具体化し、馬券の買い目を決めていくか。

その流れをわかりやすく解説したのが、このマニュアルになります。

今回はこのマニュアルの実力を証明するためある特典をつけました。

今週から自分が今最も得意とする未勝利戦のワイド予想の中から
最も自信のある2Rに絞ってメールで2日間配信いたします。
この特典が受けられるのは王道購入者だけです。

競馬には極端なバイアスが存在する

2011年の年初めの京都競馬の芝コース。

明らかに、内枠の先行馬有利の馬場が存在した。

とにかく特に短距離戦では、外枠の馬は壊滅状態で、
力の劣る馬でもとにかく内枠の先行馬から買っていれば馬券は的中した。

しかし、この馬の方が強いという比較の考え方に、
多くの人は支配されている。

したがって、いくら条件が良くてもそのような馬は極端に人気にはならない。

このように、逃げ・先行馬に有利なバイアスというのは、
いくらでも存在する。

それに比べると、差し・追い込み馬に有利な条件というのは、
開催後半の内が荒れた馬場状態の時など、限られている。

単勝・複勝・馬連などの馬券は、多少それらのバイアスが含まれた売れ方もするが、
ワイドについては、それほど反映されていないのが経験則として感じている。

そしてそのバイアスはJRAが意識的に作り上げているのだと思っている。

競馬には、関係者しか知らないルールがある

ただし、やみくもに逃げ・先行馬を狙っても、それが的中するわけではない。

逃げ・先行馬には、そこにしかないルールがあるからだ。

例えば、この騎手とこの騎手が乗っていて、
この枠順だったら、この馬がまず9割方逃げるだろうとか。

ここはこの馬主が3頭出しなので、
この馬で逃げてペースを作らせて、この馬が差してくるパターン等。

そのルールをわかっていないと、
同じ先行馬を狙うにしても全く見当外れの馬券を購入する事になる。

初心者にもわかりやすいように、競馬のそのルールについて
このマニュアルではわかりやすく説明している。

そのルールさえ知れば、絡み合った糸が解きほぐされるように、
どの馬を軸とすればいいかが浮かび上がってくるのだ。

今回の馬券術は、俺のワイド馬券術の集大成である。
今まで公開してきたワイド馬券術の中でも最も重要なマニュアルである。

今までは、この情報を公開する事は控えてきた。

ワイド馬券は購入者が少ないので、皆が馬券を購入しだすと、
すぐオッズが下がる傾向にある。

したがって、自分の馬券の配当を維持するためには、
多くの人に情報を与えるのは不利益だからだ。

しかし、最近少し考え方が変わってきた。

多くの人は、確かに目新しい情報を見るとそれを実践して、
一時的にオッズは下がったりするが、1か月もすると元に戻ってしまう。

つまり、どのように優れた正しい情報を出したとしても、
実行し続ける人はごくわずかなのだ。

そのごくわずかの人のためにすべてを公開しようと思ったのだ。

競馬初心者の方にもわかりやすく解説します。

今回のマニュアルは、ワイド馬券の軸馬の選定を中心に書いている。

ワイド馬券は、軸馬の選定が勝てるかどうかのポイントの7割ぐらいを占めている。

しかし、だからといってがちがちの単勝1倍台の馬を軸にするわけではない。

この馬券術では、単勝3倍以下の馬は、軸馬としないようにしているのだ。

単勝1倍台の馬からのワイドでは、相手馬がかなり人気薄の馬でなくては、
配当5倍というのも厳しくなる。

最初から相手馬の幅を狭めてしまうのは、自殺行為なのだ。

つまり、この馬券術では、単勝3倍以上の馬を軸馬として、
その軸馬的中率60%を達成できるように考えられている。

その方法さえマスターしてしまえば、
軸馬の複勝でも、回収率100%を超えることは当然である。

そして、その的中率60%の軸馬から、
効果的な3つの方法で穴馬を含めた相手馬を3頭以内に絞り込むことで、
コンスタントに回収率100%超えを達成できるのだ。

その衝撃の内容はこのマニュアルに中にすべて詰まっている。
シンプルだけど、競馬の王道を極め、長くすたれることのない方法。

それが宮崎式ワイド馬券術なのだ。

ワイド馬券を完全攻略(ワイドの買い方には正しいルールがある)

宮崎式ワイド馬券の王道

A4:51ページ
PDF版

特別価格:¥3,980円

お申し込みはこちらから

クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・BitCashでお支払いいただけます。
クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。


よくある質問にお答えいたします。

Q.

競馬初心者でも理解できる内容ですか?

A.

今回のマニュアルでは、競馬初心者向けに、最初ページ数をとって
順序立てて理解できるよう基本から解説しています。
競馬初心者の方でも理解できるように簡略化して書きました。
また、メールサポートについては商品のご購入から1年間の間、回数無制限、
無料で受け付けておりますので、わからないところがありましたら、
なんなりとご質問ください。

Q.

特典の予想はメールでの配信ですか。

A.

はい。競馬開催日当日の9時までに、購入者アドレスにメールで配信いたします。

Q.

この馬券術は、地方競馬などにも使えますか?

A.

はい。ワイド馬券を提供している競馬場であれば、考え方は全国共通です。
多少、ご自分でアレンジしたり、地方競馬の実情に合わせる必要はありますが、
中身については、競馬の本質をついたものなので、汎用性が高いものです。

Q.

1日に何レースぐらい対象レースがありますか?

A.

このマニュアルの考え方は、すべてのレースに通用します。
ただし、明らかに的中しやすいレースとそうでないレースがありますので、
そのレース選定の方法が一番のポイントになります。
このマニュアルのレースの絞り方でいくと
1日3R〜5Rぐらいが平均対象レースになります。

Q.

ワイド以外にも応用できますか?

A.

一番応用が効きやすいのが、複勝で、軸馬の複勝を買い続けるだけで、
的中率は60%ぐらいで、回収率は100%を超えるはずです。
他にも、軸馬の3着以内率は高いので、3連複や3連単にも応用は可能です。
ただ、あくまでお勧めはワイドになります。

Q.

絶対に勝てますか?

A.

正直、競馬(ギャンブル)に絶対はありません。
特に短いスパンでは、連敗したりすることも考えられます。
自分の提供している予想でも、最大3日間不的中という場合がありましたので、
それぐらいの資金はご用意しておいていただいた方がいいと思います。

ただ、半年単位で見れば、負ける可能性は少ないものであると言えます。

今の時代、堅実ではいけませんか?

ワイド馬券というのは、一般的な人気は低く派手さはありません。

しかし、普通の人がコンスタントに馬券を的中させながら、
しかもトータルでプラスにしようとする時、堅実な方法であると確信しています。

何故なら、人間は何レースか外し続けると、
フォームが崩れて買い目が多くなったり、一発逆転を狙って大穴馬券を狙ってしまいがちです。

適度に的中していれば、自分のフォームを大きく崩す事はなく、
全体を見ながら冷静な試合運びができるのです。

1日の競馬は、野球の試合と同じです。

相手に大量得点を取られ、自分のチーム得点できないと、
焦りが出ていつものような試合運びができなくなります。

失点を少なく押さえ、確実に得点していくことで、
決して試合を壊すことのない、堅実な試合運びが可能になるのです。

そのような方法はつまらない!

そう言ってしまえばそれでおしまいです。

強制をするつもりはもちろんありません。
他の馬券術もいろいろ試してみて、それでも気になったらまたお立ち寄りください。

お申し込みはこちらから

追伸

競馬の楽しみ方は人それぞれです。
それぞれが、独自の方法で競馬を楽しむ。それが本当のあるべき姿なのかもしれません。

ただ、このような方法論もある。そういう事を皆さんにお伝えしたかっただけなのです。
今回はご縁がなくても、いつの日かあなたに何らかの形で出会える日が来るかもしれません。
そんな出会いを楽しみにしております。